マネージャー Manager

頑張っている人を応援することに頑張れる

マネージャーが存在する部活は数多くあるが、ボート部のマネージャーは一味違う。

選手のことを第一に考え、それゆえに選手からの感謝も果てしない。

選手を支え、選手に支えられる。それがボート部のマネージャーだ。

選手と同じ目線で戦う

大会では、ボートごとに専任のマネージャーがついて試合に臨む。

ボートには乗らなくても選手とマネージャーの気持ちは常に一つ。

勝つ喜びも負ける悔しさもすべてを分かち合える。

チームの一員として、仲間として、試合に臨む。

支え合う人がいる

料理を作る、練習風景をビデオに撮る、スポーツ栄養の知識を身に付ける、試合で選手を応援する…マネージャーの役割は多岐に渡る。

やるべきことが多くて大変そうだと思うかもしれない。

だがボート部のマネージャーは大変な時こそ協力し、お互いを支え合う。

やるべきことの大変さも、やり遂げた喜びも知り尽くしているから、支え合う。

マネージャーがひとつになってサポートすることで選手はパワーアップする。

これが岡山大学ボート部マネージャーの大きな武器だ。