漕手 Rower ローヤー

「ボートは楽しい」、この思いのためにボートを漕ぎ続けている。

ではどの瞬間に「楽しい」と感じるのだろうか?

それは、「勝利」した時。

勝った瞬間、全てが報われる。ハードな練習も。悩んだ時間も。それに至るプロセスも。

「勝利」が楽しくてボートを漕いでる。一人じゃなくてみんなで漕いでる。

それが漕手だ。

部活というと練習がきつくてしんどいといったイメージがあるかもしれない。

しかし、岡大ボート部はそれだけではない。

もちろん真剣に練習に打ち込む時間もあるが、それ以上に自分たちで楽しむ時間がある。

勝利のための一体感

仲が良いという言葉では表現できない、部員同士の一体感。

ときにぶつかり、ときに励ましながら成長しあう。

勝利のために誰もが必要とされ、互いを高めあう場所がここにある。

ボートの経験がない、ましてやスポーツをしたことがない。

その心配は必要ない。ボートは自分の努力がそのまま実力に反映される。

これからどれだけ自分が考えたか、どれだけ本気でトレーニングしたかがあとで喜びとして必ず戻ってくる。

「新しい挑戦がしたい」と思えるものが、ここにはある。